HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

ウエディングドレスとバイクは同じ?!

goさんの世界ではmogさんのウエディングドレスに価値はなく、

 

mogさんの世界ではgoさんのバイク(趣味)に価値がない。

 

ウエディングドレスの大変さ、わかってもらいたかったですね〜

 

goさんの指標が親友の5年以上前の激安ドレスだったから、予算面わかってもらえませんでした。

 

同じショップに約350kmかけて、 goさんと行きましたが、mogさんが着れるドレスはお金を積んでもありませんでした。

 

それでもわかってもらえませんでした。

 

ドレスに合わせて通路を確保することも、ドレスの不備が式間近で発覚したことも、迷惑に思われてました。

 

そのわかってもらえなかった苦労が、"ドレス買ってくれてありがとう"より、"mogさんがんばって探したのに認めてもらえなかった"になってしまいました。

 

goさんが買おうとしてるバイク

 

何のためのバイク?通勤には使えない?何十万円?!買う余裕ないけど、買う?!

 

わからない。。。

 

と思いましたが、

 

ふと、ウエディングドレスの時、これが起きてたのかと思いました。

 

でも、やっぱりわからない(ー ー;)

 

バイク(すでにこだわりの通勤用タイプを持ってます)

・かっこよくて自分サイズのバイク

・安く買う努力

・実用性はない、予算はない

・今がチャンス(!)

 ドレス

・品のよい自分サイズのドレス

・安く買う努力

・記念、実用性はない(!)、予算はない(!)

・式までに買わないといけない

 

ドレスの時と同じだとしたら、バイクを買った後、"mogさんはわかってない"っていう気持ちになってしまいますね、せつなすぎる。。。

 

mogさんとしては別物だけど、goさんとしては同じかも?

 

結局は、事実はどうあれ、

 

goさんのネガティブに反応せず、

 

ネガティブなのに買ってくれたことに感謝だけ!

 

"高い(!)ドレスを買ってくれてありがとう、修理に出してくれてありがとう"

 

 

バイクの費用には目をつぶり、

 

"わあ!いいバイクだね!がんばって買ってよかったね!"

 

ってことですかね〜

 

正直すぎるmogさん、せつない気持ちをリンクさせずに、いっしょに喜べるでしょうか?

 

口が×のミッフィちゃんをイメージして。