HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

革靴

10歳くらいから革靴を履きはじめましたが、

 

合皮のほうが雨にぬれてもいいし、

 

安いし、

 

と本革にこだわりはありませんでした。

 

本革だとより履きやすいかな?くらい。

 

就職活動を始めた頃、靴を磨くことが大事と教わり、

 

靴磨きセットを買い、

 

説明に書いてあることがよくわからないけど、

 

磨いていました。

 

磨く前と磨いた後の違いもわかりません。

 

外国に行った時も靴磨きの少年に合皮の靴を磨いてもらいました。

 

上手なのかわからないなあ?と思っていたのですが、

 

それもそのはず、

 

合皮の靴って磨いて魅力が増すものではなかったんです。

 

それに気づいたのは、10年以上も後のことでした。

 

それと同時に、本革の靴が磨くことによって魅力的になることをボロボロの革靴を磨いてもらって教えてもらったのでした。

 

未だに靴の磨き方はよくわかりませんが、本革であれば、ボロボロになっても磨けばかなり綺麗になるという魅力がわかってきたところです。

 

はじめてのお気に入りの革靴は子供でしたので、ヒールがあって、好きな色で、ぽてっとしたローファーでした。

 

学生の頃は赤いストラップ靴、華奢なヒールサンダルもお気に入りでした。

 

就職活動では、就活雑誌のデザインを参考に選びました。

 

外回りの仕事の時は、つま先がオープントゥでクロスラインが入ってるヒール靴が足がきれいに長く見えるのでお気に入りでした。

 

オープントゥは職場によってはふさわしくないかもしれないですね。

 

当時は指2本見えるものまで許されてました。

 

今は、早く歩けるので、ペタンコ靴です。

 

バレエシューズタイプが足もきつくなくて間違いないです。

 

他のデザインの靴も欲しいなと3cmヒールくらいのパンプスを購入したのですが、生地感が夏には少し暑そうなので、もう少しおあずけです。

 

高さの違う靴を履くと、足をバランスよく鍛えられるんです。

 

今はヒール靴を週一履くか履かないかなのですが、

 

とっても足が疲れます。

 

履けるときはヒール靴履いて、エクササイズしないと衰えてます。。。

 

ちなみに男性の革靴ですが、

 

周りの男性を見ていて、

 

はじめての本革、一足目で買うといいと思うのは、

 

色は黒で、ストレートチップと呼ばれる足先のものですね。

 

黒のストレートチップなら、就活にも冠婚葬祭にも使えるので、

 

普段、革靴を履かない人でも一足は持っておくといいアイテムです。

 

お値段もそんなに高くなく、質もまあまあいい革靴で革靴初心者へのおすすめはクラークスなんだそうですよ。

 

イメージはこんな感じ。これの黒。

 

goさんは本革靴をお手入れして10年以上履いています。

 

まずは、お気に入りの本革靴に出会いたいです。