HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

精神障害者雇用、考えたことあります。

一つの職場で働き続けることが日本の社会では求められてると感じています。

 

海外では(一つの)専門を持つことが求められる社会もあると思います。

 

経験を積んでそれを他の人に提供することが生計を立てる手段の一つということですね。

 

他の人に提供する手段に、雇用があります。

 

mogさんは、一つの職場で働き続けるのは難しいですね。

 

いっぱいいっぱいになってくると迷惑かける前にやめよう!

ってなって辞めます。

 

なので、引き止められますし、円満退社です。

 

円満退社したいですし、次に行くエネルギーも残しておきたいので、

辞めざるを得ない!ってなるまでいることはできないです。

 

どうにか続けていく力が低いようです。

 

人によっては障害があるゆえに仕事を続けにくいということもあるかと思います。

 

障害者雇用だといろいろ配慮があるのかな?

 

と考えたりします。

 

配慮はなんらかの形であるとは思いますし、

ケースバイケースだと思いますが、

 

最低時給レベルで働いてる方もいると見聞きすると、

 

普通雇用で自分に合った職場を探すほうがいいのかなと思いました。

 

年齢を重ねてくると転職も難しくなってくるので、

 

自分に合った職場(障害者雇用もアリ)が見つかったら、

そこでもいろいろあるかもしれませんが、

休んだり、リフレッシュしたりしながら、

細く長く続けていく力を磨かないと

職場・収入がなくなってしまうかもしれません。

 

あとは、フリーで働くことや副業を持つこと、資産運用などですね。

 

どんな形で働くにしても、自分の才能を生かせれば、

みんな働けると思いますが、

出会い、チャンス、環境、時代などで、才能が知られずにいることも多々あると思います。

 

mogさんは自分の才能が何なのか、どうすれば活かせるのか、

まだまだわかっていません。

 

才能に出会っていた、

歴史上、天才として名が知られる人たちの中にも

生きている間に周りから認められたり、

経済的に成功したりはしてない人もいます。

 

できること、したいことをやってみるしかないですね。

 

結果は人生終わるまでわからないものです。

 

 

わからないときは、

就職支援サービスで聞いてみるのも参考になるかもしれません。

 

ハローワークや派遣会社、紹介会社などに行って、

ヒントをもらえることもあります。

 

今は就業中ですが、

これからずっと今のところにいれるわけではないと思うので、

三者(プロ)の意見も聞きながら、

自分に合った職を探したいと思います。

 

 

 

ちなみにmogさんは、小さいことやってます。

 

今のところ儲け(もうけ)ていませんが、

クレジットカードのポイント運用をしています。

 

あと、華奢だけど、脚とスタイルにコンプレックスがあるので、

 

小柄さんに役立つお仕事をするのが夢です。

 

それに、不器用なので、不器用さんに役立つこともしていきたいです。

 

これ、全部、ポイント運用と同じで、始めるための資金がないので、

 

勉強しながら、やりながら、

資金も収入も少しずつ増やしていくしかないのですが、

 

生涯生きていくために何かができるっていいなと思います。

 

ブログもその一部にできたらいいなと思ってます。