HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

休みたい?【お仕事探し編】

目次

  1. わたしの仕事は休める仕事
  2. 休みが取りやすいかチェックする方法
  3. 仕事充実派でも休日ストレスを最小限に

 

mogさんは仕事好きですけど、休みたいです。

 

子供の頃、勉強をがんばっていい成績をおさめれば、

 

いい仕事に就けて、

 

楽ができると思ってました(ー ー;)

 

実際に、子供の頃思ってたのとは違いますが、

そうなってるな〜とは思います。

 

わたしの仕事は休める仕事

【子供の頃思っていた】いい立場の仕事

(はじめての就職先は、食べていくためにとりあえず就職したものの、

安定したいい仕事でした。

が、無視や噂話、セクハラする人、

仕事を人にさせて遊んでいる人がいたり、

面倒なことを頼られたり、

仕事以外のお付き合いを仕事という名目で誘われたり、

上司同士が仲が悪くてその間に挟まれたり、

その中でも尊敬できる人もいたのですが、

定年が近い人でその内いなくなってしまうんだなって思ったりして、

しっかり慣れてきて、一人で仕事もこなせるようになって、

上手くやっているなと思えた頃、もう十分だと思って、

周りと同じようになりたくないなと思って転職したのでした。)

【今の仕事】まじめに取り組めて、やりがいがあり、

人間関係の距離感が合ってるいい仕事

 

【子供の頃思っていた】楽ができる(省エネで効率よく稼ぐ)

【今の仕事】責任は重くなく、勤務時間が短く、

通勤ストレスが少なく、

休みを取れてるかも上司(会社)が気遣ってくれている

(高給取りではないですが、気持ちは楽です)

 

学生時代のいい成績ゆえではないですが、

そこから今までの学歴・職歴・夫との支え合いとつながって

今に至ります。

 

休みが取りやすいかチェックする方法

就活でいつも一番意識しているのは、実は、休みやすいかです。

 

年間休日日数が多いか

勤務時間が短いか

(自分の休みや時間だけでなく会社全体の休み・時間も)

を募集要項でチェック。

 

履歴書には、週に何回か早い時間に帰りたい日があること、

年に何回か休みたいことや、

すでに決まってる予定の日はお休み希望であることを書きます。

 

面接では、1日の仕事の流れや1年の仕事の流れ、

繁忙期がどんな様子か?を聞きます。

 

そうすると残業のことや繁忙期に休めるかどうかも聞けることが多いです。

 

休んでほしくない時があるのかも聞けることもあります。

 

休みの話はあまり大きくしないほうがいいとは思いますが、

 

繁忙期にはなるべく休まずに調整したい(できる)、

今までそうしてきたこと、

残業はしないように効率的に仕事を工夫した上で、

やむなく残業になる時には残業に協力することを

伝えるようにします。

 

結婚してると面接でご主人は働くことに理解があるか聞かれることもありますので、

結婚してからは"家庭と両立させたい、

お休みの日を家族に合わせることもあると思いますが、

なるべく仕事が忙しい時と重ならないように調整したり

早めに相談させていただけたらと思います"と話します。

 

独身の時は

"ライフアンドワークバランスを大切にしながら、

頑張りたい(勉強や習い事も頑張りたい)"と

履歴書に書いたり、面接で言ったりしてました。

 

仕事充実派でも休日ストレスを最小限に

休みたくない方や休みよりも稼ぎたい方、

家よりも職場で過ごしたい方もいると思うので、

そういう方も

年間休日日数や勤務時間のチェック、

面接で1日や1年の仕事の流れを聞いたり、

仕事以外の活動があるか聞いたりして、

休日ストレス(休めないとか休みがありすぎとか)のない職場選びも頭の片隅に置いておくといいかもしれません。