HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

休める?【なる早編】

目次

  1. お休み希望はなるべく早く伝える
  2. 仕事は残さない、仕事は共有する
  3. だれが休んでもなんとかする
  4. お休みは仕事のため

 

お休みは当然の権利として主張できる方もいらっしゃると思いますが、

mogさんは希望通り休みますけど、

周りにもお休みにネガティブイメージを持ってほしくないんですよね。。。

 

お休み希望はなるべく早く伝える

採用されたら、休みたい日が決まった時点で、

一年前でも半年前でも早めに休んでも大丈夫か聞きます。

 

"そんなに早く言わなくても"って言われたら、

どれくらい前がいいか聞いて、

なるべく早く伝えます。

 

一ヶ月前など近づいてきたらまた確認がてらお願いします。

 

この方法が効果的なのかはわからないのですが、

 

今のところ、休めなかったことはありません。

 

お葬式とか言って休んだことはないです。

 

どうしても外せない仕事の日と休みの日が重なったことがないので、

場合によっては休めないこともあるかとは思いますが…

できる限りのことをして、周りの人のフォローをあおぐしかないですかね。。。


仕事は残さない、仕事は共有する

普段から他の人の仕事を手伝ったり、他の人のフォローをしたり。

 

いつ休んでも周りに頼めるように、仕事終わりには、

仕事がどこまで終わってるか、続きは何をするのか、

メモを貼ってわかりやすいところに置いておきます。

 

次の日、一緒に働く同僚とは、お互いに仕事を共有しておきます。

 

そうしておけば、休まなくても、急に予定外の仕事が入った時に、

手の空いてる人に仕事をお願いできます。

 

お願いされる側も訳の分からない仕事を丸投げされないので、

 

引き受けやすいと思います。


だれが休んでもなんとかする

ほんとに休めなかったら辞めるしかないかな…

 

と思うくらい、仕事も休みも本気です。

 

休みの希望をなるべく叶えてあげたいっていう職場であれば、

休むための努力って応援してもらえると思います。

 

早めに伝えておけば、休む前提でスケジュールも立ててもらえることもありますしね。

 

みんな、休みたい日ってあると思うし、実は自分が休んでもどうにかなります。

 

他の人が休んだ日は大変になったとしても

大抵、みんなでどうにかするので、

"大丈夫ですよ、何とかなりましたよ"って言います。

 

"大変だったのよ〜"ってこともあるでしょうけど、

"ごめんなさい"と"ありがとう"と"おかげさまで"と

周りが大変な時は優しく快く進んで助け合って、

理解や信頼関係を築いていけたらいいですよね。

 

繁忙期に急によく休む人や5分10分の遅刻は連絡しない人、

毎日のように遅刻ギリギリ?の人、ドタキャン、

無断欠勤の人がいて、

(反対にいつも残業している人も)

そういうのは、受けが悪いのを見てきました。

 

休み中の仕事を頼まれたのはいいけど、

どうしたらいいかわからない状態のことも…

 

そういう時、大変とは思うものの、どうしようもないので、

できる限りフォローしてます。

 

そうしてたら、自分がどうしようもなくて休んで、

周りが大変な時も、

"すみません、お願いします、フォローありがとうございます"

と思いますし、

みんな大変な時を共有してるので、

大変な時はお互い様ということもあると思います。

 

お休みは仕事のため

休み中、仕事がどうだったか?大変じゃなかったか?を聞いたりして、

 

労ったり、感謝を伝えたりします。

 

休んだ後も、丸投げではなくて共有意識があれば、お互い様になれると思います。

 

休むの当然!では受け入れられないかもしれないけど、

仕事を一生懸命して、お休みに感謝して、また仕事を頑張れたら、

お休みも仕事のうちだなって思います。

 

お休みにはほんと頭が上がらないです。

 

お休みいただけて、気持ちよく働かせていただける、上司や仲間にいつも感謝しています。