HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

つみたてNISA・iDeCo・ふるさと納税との出会い

つみたてNISA・iDeCoふるさと納税

言葉はよく聞いていて、ニュースでもなんとなく
説明を聞いていましたが、お金持ちではないから関係ないな〜と思って、
詳しくは知りませんでした。
 
今年はポイント投資を通して投資が身近になったこと、
少額からできる投資を見かける機会が多くなったことで、
今一度、なにができるのか?なにがいいのか?
調べてみました。
 
まずはNISA。
NISAとつみたてNISAがありますが、
これからはつみたてNISAになっていくということで、
NISAには軽く目を通し、つみたてNISAを検討することにしました。
期間が限られてることを知らなかったのですが、
日に日に積み立てられる期間が減っていきます。
理論上は早くからコツコツ積み立てるほど
リスクも分散され利益が得られるというものです。
年間で40万円までを積み立てられ、
20年は運用益が非課税となります。
投資対象は長期積立にふさわしいと金融庁が認めた商品になります。
投資初心者向きで、やってみたいなと思いました。
楽天でもできますしね。
 
iDeCoは月額5,000円からで60歳以降に一時金や年金として受け取ります。
税金の軽減対象にもなります。
税金の軽減というメリットが大きいですね!
 
 
ふるさと納税も税金の軽減になりますね。
 
わたしは現在、彼の扶養に入っているので、
ふるさと納税は今は関係なさそうです。
 
楽天ふるさと納税かんたんシュミレーターで年収を入れると
ふるさと納税の目安がわかるので、参考程度にしてみました!
 
金額は¥20,000でした。
 
彼に聞いてみたら手続きとか面倒なのでしないそうです。 
 
とてもお得だと思うんですけどね〜
 
 
iDeCoも高額納税対象ではないことと、最低月額5,000円を60歳まで、
20年間で最低¥120万を投資するのは、今のわたしの経済状況では、
危険ということで向いてなさそうです。
元本保証がないですし、60歳まで受け取れません。
納税額が高くなったら(収入も増えたら)検討してみます。
払えなくなったらお休みすることもできるみたいですが、
何歳まで生きるか何歳で何が起きるかわからないので、
60歳から受け取れるiDeCoはまだ早いと思いました。
 
ということで、投資超初心者ですし、つみたてNISAが
今のわたしには現実的だとわかりました。
 
たださっぱり投資の世界がわからないので、毎日、
わからないなりにいろんな投資関連の記事を読んでいます。
 
楽天証券口座を開いたので、(楽天銀行の預金利率を上げるためですが^ ^)
他のものと楽天を比較しながら勉強しています。
 
松井証券さんは選択肢が厳選されてて選びやすそうで
右も左もわからないわたし向きだなと思いました。
 
失敗もするでしょうけど、勉強しながら少しずつやっていこうかなと
思っています。
 
※投資はご自身の責任で。