HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

まずは布団脱出

冬休みも明け、出社の前日、身体がだるすぎて、

喉が乾いても飲み物を取りに行くこともできず、

朝ごはんを食べにも行けず、トイレにも行きたいような行きたくないようなで、

布団から抜け出せず、こんなんで明日から大丈夫だろうか?と

心配になりました。

 

でも、もうしょうがない、もう寝れるだけ寝てしまおうと

思い、寝ていました。

 

寒いし、雨の前だし、マッサージの反動による疲れかもしれないし、

何時にこの布団を脱出できるのだろうと思いながら、

寝ていましたが、ふとトイレに行こう!となって、

布団から脱出しました。

 

あたたかい飲み物が欲しかったのですが、

すぐにはないので、ビターチョコをひとかじりして、

ちょっとエネルギー補給して、トイレまで5m、

ひんやりしたトイレに向かいました。

 

トイレにどうしても行きたかった状態ではなかったので、

行動力がアップしたかな?と少しだけいい気分になりました。

 

布団に戻るかな?とも思ったのですが、そこから、

お水を温め、ホットカーペットに移動して、

毛布に包まって寝ていました。

 

寝てはいるんですけど、布団から脱出できたことが嬉しかったです。

 

白湯を飲み、身体を温める漢方を飲み、温めたパンをほおばり、

毛布にくるまって寝転んで、時計を見ると、11時。

 

15時、16時くらいまでに起きれるだろうか?と思っていたので、

なかなかいい時間だ、よかったと思いました。

 

今日は、なんだかお腹も痛いし、身体を休めて、あまり気負わず、

ゆっくりと休み明けの出社に備えようと思います。