HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

令和元年度ねんきん定期便が届きました

時々、届くねんきん定期便

さーっと目を通して終わりなのですが、

今回はざっくり計算し、老後の生活を想像してみました。

 

ほぼ年金を納めて、厚生年金も納めてきましたし、

生活レベルも高くないので、なんとかやっていけるでしょうと

思っていたのですが、

現状から計算してみると、年金だけで生きていくには15年くらいしか

生きられないかもと思いました。

 

虚弱体質ではありますが、ご先祖様から受け継いだ身体は、

弱っても長持ちタイプと予想していて、

100歳までは考えておこうと思っています。

親戚は健康で長生きしてますのでね。

周りでは60過ぎの若さで亡くなったので早く年金もらっておいてよかったという話も

聞きますが、わたしの家系ではなかなか考えづらいです。

わたしが子供の頃に危篤だった祖母は

障害とともにさらに20年以上生きましたので、

生命力は強い可能性が捨てきれません。

70歳まで年金なしでなんとか稼ぎ、

70歳から年金を受け取るとしても、

100歳までは30年あります。

 

子供も孫も姪も甥もおりませんし、

主人より長生きする自信もありますし、

家族での支え合いは難しいと思いますので、

最後はお金を払ってお世話を受けなければならないかなと思っていましたし、

主人のお世話も1人では大変なので、お金を払って、

福祉サービスに頼りたいと思っていましたが、、、

 

衣食住、自力でするだけでも足りなそうです。

 

相続財産も残念ながらありません。

 

今回のねんきん定期便情報によると…

現時点で37万円の年金だそうで、

イメージのグラフなので、実際今後いくら増えるのかわからないのですが、

絵的には、70歳から受け取るイメージグラフによると、

1.5倍〜といった様子です。

65歳から受け取るのと比べて最大42%増とありますが、

最大って…、結局いくら増えるのか???

37万円×1.5で計算し、年平均55万円と仮定して、

保険料などの支払いもありますし、

月4万円くらいもらえればいいほうの生活でしょうか…。

 

70歳以降は車の運転も危ないでしょうから、

ある程度の交通の便も考え、

お買い物や用事もコンパクトに済ませられる住環境にする必要があることを

考えると、

家賃を安くするための田舎暮らしもできないでしょう。

月4万円でお家賃が払えるかどうか…

 

年金は将来の生活の保証かと勘違いしていましたね。

 

でも、年金をおさめないほうがいいのかというとそうでもなさそうです。

 

長生きする場合は年金おさめておいたほうがいいですね、

年金制度が破綻しなければの話にはなりますが。

 

ざっくりの計算で、65歳から75歳くらいだと年金を支払うのと

自分で普通に賄うのと同じくらいです。

 

早めに60歳からもらうとして大体70歳より長生きすると、

年金納めておいたほうが、自分で普通に賄うよりも

いいです。

 

60歳過ぎの死亡リスクが高いことを考えての

保険システムなんだなと思いました。

 

資産運用が上手にできれば、

年金よりも自分で資産を増やすのがベストなんでしょうけど、

社会全体助け合いの年金ということですね。

 

資産運用が上手にできる方は年金をおさめつつ、

資産も増やすことで社会貢献もされてるということです。

 

社会や上手くやっていけそうな方のお話どころではない

わたしの老後…

 

70〜100歳の生活、今から考えないとふつうに生きていけないという

現状把握となりました。

 

今、知れてよかったと思いますが、どうにかできるのかは

自信がないです。

 

最低でも月10万円×12ヶ月×30年として

3,600万円、40%は年金として、

3,600万円×60%=2,160万円かかるかもしれないんですね。

 

頭の中がパンクしそうです。

 

もう100歳になる時までの自分の人生に責任持てないかも…

 

目標は最低でも2,000万円の貯金

 

今から30年間、月々6万円の貯金ということですね。

現状貯蓄の、10倍以上😱

 

それでも

不足の事態には福祉に頼れるんでしょうか。

頼ってもいいんでしょうか。

というレベルですね。

 

一生懸命働いてもそれだけのお金が誰にでもまわってくる保証がないですし、

そもそも2,000万円の貯金ができたとして、100歳まで生きるかどうかもわかりません。

 

毎日、できることを一生懸命やっていくしかないですね。

 

ちなみにパートナーは貯金ができない体質なので、

自分一人でどうにかなんとかやっていかないといけないのだなあー。

 

彼に貯金があることを悟られないように、

彼が経済的我慢でストレスをためないようにも

やっていかないといけなくて、

これまで苦戦していて、

今はポイントで貯めるようにしているんですよね。

 

わたしは嘘がつけないというかバレやすいし、

彼もよく気がつくんですよね。

 

薄々感じていたものの、数字にしてみると、

なんにも考えてなかったなーとも思いますし、

現実離れしていて、思考停止になってしまいそうです。

 

今の仕事は3月で契約が切れるので、

これを期に夫を支えるというよりは自分を支えていかないといけないかなと

身が引き締まるとともにプレッシャーが…

お給料をもらうのも限界があるので、

資産運用やポイ活、節約、ストレスにならない程度に

少しずつ取り組んでいこうと思います。

何より身体が資本^ ^