HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

新コロに囲まれた夜〜新型コロナ発生から3ヶ月半

新コロの夜の世界

 

仕事で夜に数時間出かけて、かなり久しぶりに夜12時に帰ってきました。

 

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛要請の中、

出歩くこと自体減ってますし、電車にも久しぶりに乗りました。

 

最近は片道1時間くらいでも自転車生活です。

 

一部は通常どおり?

 

人は減ってるものの、

アルコールの缶を片手に若い男性が駅構内で飲み会しているのを見かけました。

 

大きな声を出してはしゃいでいました。

 

お酒を飲んで楽しむのはいいけれど、やはり頭と気持ちが緩くなるので、

公共の場ではやめてもらいたいと思いました。

 

新型コロナウイルスのスプレッダーにもなりかねません。

 

夜の新宿駅では、若い人がたくさんいて、

マスクをつけていない姿に驚きました。

 

異常時に通常どおりは安心できても安全なのか?

 

今は、外出するものではないなと思いました。

 

人が少ないし、お店の明かりも少なくなってきていますし、

失業したり減給になったり、

新型コロナに付随する不安や社会の変化に心と思いが下向きになったりして、

人災に巻き込まれやすくなっているのではないかとも感じています。

 

春という季節も不安定になりやすいですしね。

 

何事もバランス

 

健康のためにも必要ではあるので、

安全に気をつけてと人混みを避けてのバランスのよい外出にできたらと思います。

 

若くても健康でもいつかは亡くなる?!

 

ニュースによると

欧米では10代の持病のない若い人が新型コロナウイルスに感染して亡くなっています。

 

感染(判明?)して3日で亡くなる比較的健康な若い人がいると知ると

みんな明日があるのかどうかの保証はない現実が

普段以上に刺さってきます。

 

みんないつかは何かで亡くなってしまう。

 

でも、避けられるのであれば避けたい、

昨日と同じ今日で、今日と同じ明日で笑っていたい。

 

みんなそれぞれ自分の人生(価値観)がある?!

 

何が悪いとか何がいいとかみんなそれぞれわからないので、

 

自分で決めて行動して結果を受け入れる、

 

そんな当たり前のことが頭に鳴り響いています。

 

DVにあってもとどまらないといけないとか

そんなわけないですし。

 

感染症があってもなくても変わらない豊かさとは?

 

久しぶりの夜中の駅前は、観客もいない中、静かに音楽を流しながら

マジックを披露している人がいました。

 

生活の中のユーモアやスパイスになって素敵だなと思いました。

 

夜中なので、足も止めず立ち去りましたが、

制限する生活の中で自由を感じさせるって

すごいことですね。

 

宇宙船で生活しているかのよう

 

新型コロナウイルスに囲まれて、家の中にいるけれど、

宇宙飛行士さんは宇宙で命の危険に囲まれながら、

飛行船の中で生活されてます。

 

大変なこともあるけれど、笑顔も見られます。

 

地球との通信、家族との会話は格別のひととき。

 

外に出たいからといって、何も保護せずに飛行船を出て行くことはしません。

 

宇宙船の中でさえ、何の保護もなく過ごしているわけではありませんが、

外はさらなる注意が必要です。

 

安全な地球でも今は非常事態、

船上の生活を楽しむかのように生活を豊かにできますように。