HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

アフター緊急事態宣言全国解除

緊急事態宣言全国で解除されました。

 

緊急事態宣言前も後もどうなるんだろう?って思ってたのですが、

 

解除前も解除後も変わらなかったです。

 

緊急事態宣言中に営業時間を短縮したり休業したりして

 

今も同じ状態のところもあるので、

 

緊急事態宣言後になっても制限されてるなと思いました。

 

一部のカフェが再開したり、

 

居酒屋さんが賑わってきたりと

 

緊急事態宣言後の変化がなかったわけではないのですが、

 

自分自身の状況は緊急事態宣言による変化はありませんでした。

 

というのは、わたしの仕事は

緊急事態宣言前から新型コロナ騒ぎ初期から

減っていき、

 

緊急事態宣言が解除されたからといって急に仕事が増えるわけもなかったので、

 

新型コロナの影響はモロに受けていたものの、

 

緊急事態宣言は仕事には関係ありませんでした。

 

緊急事態宣言前から職場の新型コロナ対策はしっかりされてましたし、

 

私生活も武漢で流行り始めた頃から

中国人の友人の話で、どんなことが起きているのか、

春節で中国人が出入国している状況など、

リアルに聞いていたので、警戒していました。

 

日本よりも前に感染者が急増したアメリカにいる友人も

はじめは中国・日本の新型コロナなんて関係ないよーって呑気にしてましたが、

急にころっと言うことが変わって、

道端で人とすれ違ってもにこっと笑って道を譲り合って

会話をしないとか

スーパーで触ったものは戻さないとか

入場規制があるとか

言ってまして、そこまでしても流行ってるなんて、

気をつけないとなと身を引き締めていました。

 

そんな警戒態勢でいたので、

パートナーとは価値観の不一致で大変でした(-。-;

 

私の職場は海外を含めたビジネスをしているので、

 

世界情勢の影響も大きいので、

 

日本のことだけではないですし、見方も違ってきますよね。

 

新型コロナウイルスは全人類平等なんですけどね。

 

パートナーが感染すれば、自分が感染してもおかしくないので、

 

緊急事態宣言前も緊急事態宣言中もできる感染症対策はするけれども

かかってもしょうがないなってスタンスになっていって

(絶対かかりたくないですが、気持ちのゆとりの面でです。)

 

緊急事態宣言全国解除後も変わりないです。

 

なるべく人混みを避けて、ウインドーショッピングはしなくなりました。

 

友達と話すのもオンラインで。

 

オンラインも疲れますし、会っていけないわけではないですが、

万が一、誰かが新型コロナに感染したら、悲しいので。

 

公園とかで1〜2m距離あけて、マスクしてとか考えますが、

 

お互いの価値観が守られるかによるかなと思います。

 

価値観のギャップで友情にヒビが入ることもありますしね。

 

オンラインでも今って話すことがお家のことだったり苦労話だったり

 

二次元の話だったりしがちで

 

閉塞感が出るのと

 

大変な状況を比べてしまうとねたみが生まれてしまうので、

 

しょっちゅう同じ人とばかりオンライントーク

やめたほうがいいなと感じてます。

 

パートナーとは新型コロナ前からぶつかりまくり、

新型コロナ中もぶつかりまくりですが、

主張したり引っ込めたりして、

どちらかが死ぬまでいっしょに生きるとお互い神様に誓っているので、

向き合い続けてますが、

なかなかそこまでの友情は今のところないですね。

 

基本的には新型コロナ生活は変わりませんが、

緊急事態宣言が解除されたことで

居酒屋さんが賑わっていても

"まあ、飲みたくなるよね"

と大らかでいられるのは

プチ自粛警察心解除効果があったということかもしれません。

 

いつもの毎日が脅かされると見にくい本性が出てきて嫌にもなりますが、

スルーしないで、乗り越えて、深みのある人になっていきたいなと思います。