HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

ご飯まとめて炊く?その都度炊く?

我が家のご飯問題(笑)

 

わたしはご飯まとめて炊く派です。

 

一人暮らし時代のなごりですね。

 

一人暮らしだとご飯って少なく炊いても余るので

 

一人分を土鍋で炊いて食べることもありましたが

 

疲れて、台所に集中して立ったり、炊飯準備や後片付けできない時もあるし

 

忙しくて料理できない時もあるし

 

出張や会食などでご飯余らせられない時もあるし

 

ということで、まとめて炊いて、余りはストックして、

いつでも冷凍を解凍して食べれるという状態、

忙しい生活に一役買っておりました。

 

が、

 

結婚してからは"炊き立て"が食べたいというのと

一度に消費される量も増えたので

ストックしても炊く回数は増えました。

 

それでもストックしておけば、便利なのでしていたのですが、

 

夫さんの"炊き立て"のこだわりがあり

ストックがあっても"ご飯炊くぐらい"(やらない人にぐらいとか言われると💢)

と毎回のご飯リクエストがあったり

ストックご飯を作る見えない家事が評価されないこともあり

その都度炊くようになりました。

 

美味しくお米を食べてもらう満足感で

夫の他の不満を減らせればいいなとも思い、

歩み寄ることに。

 

そんなこんなで3年が経ちました。

 

コロナ禍では自炊も増えましたし、

仕事・収入が減ったり

物価が上がったりしたので

節約とお家ご飯の充実が生活の中で大きくなってきたというのもあります。

 

災害が多いので、炊いてあるご飯のストックも

非常時には役に立つのではないかと頭の隅にはあるものの

今は暑すぎてダウンしているので

できる時に自分の中で折り合いをつけようと思います。

 

ストックのない生活になったので

どうしてもご飯炊く元気がない時はボイコットするように訓練中です。

(断ったら悪いと自分を責める損な性格なので💦)

 

新しいお仕事も始めて忙しくなりましたしね。

 

そんなこんなしてたら

 

夫さんがお米を炊く機会があり、

 

"多めに炊いておいた、なかったら嫌だから"

 

とたっぷり余るほどのご飯が炊かれていました。

 

びっくり!

 

わたしは夫さんに合わせて余りすぎないようにしてきたので、

普段のわたしだったら

恥ずかしながら…

"人には炊かせておいて都合良すぎる?!"と食いつくところです(-。-;

 

同じ気持ちにはなったものの

今回は呆れてしまい

ことなきを得ました😓

 

夫さんは余ったご飯は放置なので…

 

その後の見えない家事が生まれるのが嫌で

 

それも前から話してますけどね…

 

忘れられるのが幸せで羨ましい…

 

そして、ご飯のまとめ炊きは一時的と思われるし、

妻に適用されるかは別なんですよね😓

 

妻には"ご飯炊くぐらい"ですからね。

 

こだわりがあるのに気分屋

 

お互い様なんですけど

 

合わせるのはとてもとても大変です。

 

そう、都度炊き派夫さんが、

気まぐれに、年に数回、まとめ炊きリクエストをすることがあるんですよ。

最初から最後まで自分で完結してくれる分には

関係ないので

問題ないです。

"ありがとう"です。

まとめ炊き派の自分を努力で都度炊きに変え、

それをまとめ炊きに時々させられると

"ご飯炊くぐらい"が頭の中にあらわれて

努力を軽視されてるようでいらっとするんです。

 

まあ、実際、夫さんのいうように

"〇〇ぐらい"

なんですが、

夫さんに言うと怒るので

なんだかなあ?ってなります。

 

"〇〇ぐらい"っていうのは片方の尺度で

思いやりがないと感じるのかもしれませんね。

 

"〇〇ぐらい"がきっかけで感情が引き出されています。

 

お互いあなたはそう思うのねって流せる自分も訓練して

長い目でお互いのすり合わせができたらいいですね。