HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

新型コロナ禍での結婚

今回の新型コロナで、身近なところで、

人生ってどうしたらいいのかほんとにわからないなと思う

新型コロナが騒がれ始めて約6ヶ月時点で結婚にまつわる出来事を残しておきたいと思います。

 

1

緊急事態宣言全国解除前後に、友人が入籍しました。

新型コロナ禍の前に結婚式に招待されていましたが、

新型コロナ禍で入籍のみになりました。

新型コロナが落ち着いたらフォトウェディングをするとのことです。

 

新型コロナ禍で結婚はどうするのかな?と思っていました。

両家の方々も高齢ですし、

新居探しや引越などもどうなるのかな?

延期するのかな?と。

友人は、そんな中、予定通り入籍しました。

 

結果的には、入籍のタイミングでは、

新規感染者数が減ってきていた時期でもあり、

何事もなく無事に入籍でき、

新生活をスタートできてよかったなと思いました。

 

お祝いしたいのですが、どうやってお祝いしようか考えているところです。

 

2

緊急事態宣言解除後、新型コロナの感染者数が増えても東京アラート解除、

withコロナで経済活動が戻りつつあり、

東京からの移動自粛解除を間近に迫った頃。

 

もうお一方、婚約の報告を受けました。

話を聞くとこちらはより重かった。

受け止めすぎてしまうわたしは、

そのことで自分が押しつぶされそうです。

婚約者とは新型コロナ禍で結婚はアフターコロナにと言っていたところ、

突然、病気が発覚し、この新型コロナ禍に婚約したとのことでした。

 

闘病生活継続中で、婚約していますが、

直接は会っていないようです。

 

映画みたいな話ですが、映画だと感動🥺で美談で見れますが、

それでも、重く、わたしには衝撃で何もできなくなってしまうのに、

 

リアル。

 

夢に向かってがんばっていた彼女の生活が一変。

 

そして、一緒に生きようと決めた彼の生活も一変。

 

新型コロナのせいで、

重くせつない決断になってしまったとわたしは感じました。

 

何が先で何が後かということもありますし、

後悔しない生き方がいいと思いますし、

自分だったらどうしたか…

考えても考えても想像では決められないです。

 

新型コロナも病気もその時その時なんとかやっていくしかないのです。

 

どうしたらいいも悪いもだれにもわからない。

 

わたしにできるのは、2人を静かに喜んで見守ること。

 

困っていたら助けること。

 

人の結婚だけど、側で見守る者として、

万が一の時の覚悟がいるなと思いました。

 

3

職場の同僚が昨年、婚約していたのですが、

この新型コロナ禍でどうなったのか?

 

婚約の話を聞いた時は穏やかでハッピーな雰囲気だったので、

お二人のいい形になったらいいなと

陰ながら思いました。

 

4

緊急事態宣言直後に1組の結婚式がありました。

ほとんど見守る人がない中での式に縮小されてましたが、

電報だけ送らせてもらいました。

ウェディングフォトが送られてきて、とても幸せそうなお二人に、

心からエールを送りました。

 

5

結婚ではないですが、この新型コロナ禍に交際スタートした友人がいます。

新型コロナで自分のやりたかったことが保留になって、

自分のこれからのパートナーのことを

考える時間になったのかなと思いましたし、

とても嬉しそうで、2人とも結婚を意識している様子だったので、

微笑ましかったです。

仲が深まるといいなと勝手に思っています。

 

 

わたしだったら…

わたしが新型コロナ禍で結婚を考えるパートナーがいたら、

破局していたかもしれないなと思います。

ネガティブになったり、

会わなかったり(※パートナーと会う会わないは個々の選択です)、

オンラインでつながっててもお互いの価値観がぶつかったりして、

一時の感情爆発で終わってしまいそうです。

会えなくて仲直りも難しくなりそうです。

そんな中、結婚・交際をスタートする友人たちを

すごいなと思いますし、おめでとう❣️と思います。

わたしの周りでは今のところ新型コロナ禍で

破局・離婚はないので、

結局は2人の関係次第なのかもしれませんね。

そんなしっかりと結ばれてる2人、うらやましいです❣️