HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

ヘルパーさんをお願いしよう❣️あれは大丈夫だからこれやろう❣️

我が家は共働きです。

 

夫さんは気まぐれ&不満屋さん。

 

家事の口出しが多いです。

 

家事の様子を見ています。

 

わたしはそれがストレス。

 

なので、ヘルパーさんをお願いしようかと思ってます。

 

もうね、4年近くやってきてますからね、

そりゃ、少しずつは家事のスキルアップしますよ。

でも、もともと基本ゆっくりなんです。

人がいると気が散ってますます。

焦る。

急ぐと怪我をする。

 

夫さんは家事できますよ。

でも、できるかどうかとするかどうかは違う。

スピードが速いかと後回しにしないかも違う。

後回しにするかとするの忘れるかも違う。

そして、できない人を助けるのかできない人をチェックするかも違う。

 

自分のモチベーション削がれながら、自分でなんとか上げてやってるので、

疲弊するばかりなり。

とにかく、わたしに対してじゃなくても、不満が口癖なんです。

本人はストレス解消になってるのかもしれないですが、

聞いてるこちらはストレスが倍増。

(元々スルースキルが低いため。これでもだいぶアップしました。)

 

なので、家事はしてもいいのですが、

とにかくストレスが溜まり、

ネット中毒&散らかし屋夫さんを見るたびにそのストレスが思い起こされるので、

 

ヘルパーさんにお願いしようってことです。

 

自分で家事がんばりたいなって気持ちはあるけど、

自分の休息や好きなことをする時間が追いやられがちなんですよね。

そのヘルパーさんのお金もわたし持ちですし、

価値ある時間かなって思ってます。

不器用で時間もかかりますからね。

 

また、不公正感の緩和ですね。

ヘルパーさんにもやってもらった分に不満言われても自分だけじゃないから

全部を自分で受け止めなくていいと思います。

ネット中毒&散らかし屋夫さんのためにではなく、

ヘルパーさんにきれいにしてもらってるからありがたくきれいをキープしようって気持ちになるし、

夫さんに散らかされてもせっかく自分がきれいにしたのにキリがないって残念感の緩和にもなると思います。

片付けも夫さんのためでなくヘルパーさんのためって思えば

自己効力感がそがれずにすむかなーって思います。

 

そして、夫さんは妻さんや自分の家族に対して特に横柄なので、

家事をしてくれている人に対する態度が少しは緩和するといいなと思っています。

 

わたしにやらせたい夫さんだし、

やらないけどやれるゆえそれにお金を使うことをもったいないと思っている夫さんなので、

ヘルパーさんは反対されてるのですが、

 

もう、ヘルパーさん、お願いします。

 

わたしだって自分でやりたいしお金を使いたいことは他にもありますよ。

 

でも、

 

やらないなら、やれてないし。

 

最初は秘密でも。

 

わたしのストレスが減るだけでも夫さんに今よりは💦おおらかになれるだろうし。

 

まあ、不満を言うのは癖だから

どうにもならないかもしれないけど。

 

試しにやってみようかなと思います。

食洗機も導入したいなあ。。。

 

今、お洋服はレンタルしてるのですが、

それをはじめたら、年に数回するくらいだったアイロンがけが

割と負担に思わずできたのですよ。

洋服選びやお洗濯の負担が減った分、

他のことができる余裕ができたのではないかと思います。

この減った負担というのが、物理的な面はもちろんのこと、

心理的な面が大きくて。

コーディネイトちょっと変かな?って思っても

"わたしが考えたんじゃないし"

"1回着て返してまたいいコーディネイト来るのを待とう"

みたいに自分の服に自信を持たなくてよくなりました。

自分の思うような服がなくてしぶしぶ着て出かけるみたいな気持ち、

結構あったんです。

お金と時間と気力・体力に限りがあるから思うようなおしゃれができないっていう

やるせなさも。

自分の希少サイズはなかなか選べないとか。

それを外注したら、楽になりました。

 

だから、そういう"余裕"で

今までのあれもこれもやらなきゃ

あれもこれもできてないみたいなパニックから、

あれはもう大丈夫だからこれやろう❣️みたいな

感じになるのを期待しています。

 

減点法でチェックされてるストレスから

本当はあるはずの達成感を味わえるように。

 

 

…と、すぐにでもヘルパーさんお願いしたかったのですが、

今、夫さんのDIYスイッチが入っているので、

それが終わってからですね。

決意が揺らぎませんように。

 

テイクアウトで料理を減らして家事の負担を減らすなど

とりあえず乗り切れたらなと思います。

秋バテ、秋雨の季節で去年は怪我をしてしまいました。

しなくていい無理は頑張らないように、休ませてあげようと思います。