HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

オンライン帰省どうする?①

オンライン帰省、ずっとどうしようか

どうしたらいいか

しなくていいか

したほうがいいか

 

したくないんだろうな

 

義家族は嫌かも?

 

うちの家族は嫌だろうから、わたしはどこかでしたいけど

嫌だと思ってるんだろうと思います。

悲しいかな、わたし自身の気持ちよりも

多数決で他の家族の意向に沿って

わたしもそういう外側が形成されています。

かと言って、そういう環境であるので、

どうしたらいいかわからないし、

嫌な人たちを巻き込む力も持っていないのです。

呪い?

どこかでしたい、というのも周りがしているから、

というのもあるのかも。

いいな〜、いいんだろうな〜とか

どう?って聞かれて盛り下がるのが気まずいとか

世間体?

子供のように何も考えず自由にできたらいいのに。

(子供でも親や教育や環境で自由にはできなかった結果が

今なので理想論か)

子供も考えたり感じたりしてないわけではないですもんね。

わたしは本をたくさん与えられて1人で本ばかり読んでいたので、

自分の中の本の世界の部分が大きくて、

インプットもアウトプットも字でするタイプなんだなあと感じています。

1人では生きていけないから、社会との交換、

インプット&アウトプットの訓練が必要です。

 

話が逸れましたが💦

オンライン帰省への一歩もそうですが、

普段の関係次第なところもあります。

ベース。

 

 

ベースの上に

自粛中は大変さの感度差もあり、共有できなかったというコロナ禍で積まれたもの。

夫さんとも危機管理のすり合わせは今でも続いているくらいですし、

親友でも差があるくらいですし、

自分の家族とも価値観がぶつかることがあり

距離感大変でした。

そんな中、義家族とは…

 

自粛中、専業主婦の義母から

 

パートの時間が半減して、

やりくりや就活、買い出しとか通院とか

夫さんに"どーするんだ?!"とブーブー言われながら

していたのですが、

 

"どうせ家にいるんでしょ"

って夫さんの電話越しに聞こえ、

 

夫さんにもわかってもらえない、

夫さんの実家にもわかってもらえない、

夫さん家族は勝手だなー

疲れる

しんどい

となって

聴きすぎちゃいけないなーと

距離を置くようにしていました。

 

自分が落ちてるからさらにネガティブに受けてしまって

さらに落ちるという。

 

距離を置くのもそれはそれでしんどかった。

元気してるかなー?とかいう気持ちもあって

別の意味で自分を抑えていました。

やむなく。

しんどかったけど、密にしていったら、

自己犠牲・我慢しすぎで爆発してた可能性を考えると

がんばったかも😢

 

 

そうは言っても嫌ならしなければいいというのは

今の自分だけの世界であって。

きっぱりしないぞー!とはなかなか割り切れなかったです。

リアルな帰省も苦手で、

なんらかの形で義家族との細々とした関係をつないでおかないとというのが

わたしの中の所作術としてあり。

後々、急にいろいろと対応できる器量も持ち合わせていないので、

多少の無理は

余力のある時にしたほうがいいのだなあと思っています。

発達障害とかHSPとかモラハラとか話してもスルーされてた

実の親は10年以上経って、世の中でも聞かれるようになってから

ようやく少し理解が進みました。

義両親はさらに上の世代ですし、夫さんも理解が難しいので、

夫さんと似ている義家族に年に数回会うくらいの関係で理解を求めるのは

非現実的だなと

無理したくないけど、今は限界超えない程度に相手に合わせています。

変な子だなとは思われてますが、

実際そうだし、夫さんもだからしょうがない😓

理解も本当に"理解したい"と思わないとできません。

ただその場がうまくいけばいいくらいじゃそのスタート地点にすらたどり着けません。

 

こんな状態でオンライン帰省に向き合ってました。