HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

ケンカの原因は食べ物?

食べ物が豊かな我が家。

 

寂しい日?普通の日?楽しい日? - HSPこじらせ mogmogmoglaのブログ

 

ですが、食べ物が原因でケンカになります。

 

というか面倒くさがりなのが原因です。

 

疲れもあるかな。

 

疲れているとみんなイライラしますよねー。

 

メニューが決まっているか?

 

作っているか?

 

どちらが作るか?

 

でケンカになっています。

 

それで、たくさんの人が大切な人と過ごす日にも関わらず、

 

mogさんは食べ物のことはもういやーっとなってしまいました。

 

ちょっと前まで食べ物でテンションが上がっていた自分との落差が激しく

自分でもどんだけ?!って思います。

 

まあ些細なことでケンカになりますよね?近しい分?

 

なんでいい大人が自分が食べるご飯のことで他人に怒らないといけないのか?!

 

というのと

 

他人にしてもらっていながらダメ出しばかりでモチベーション下がる

 

 

ケンカのテーマです。

 

よくよく考えると会社での不満といっしょでした😵

 

会社で、食べ物のことでストレスたまってないですよ💦

 

通じるのは、

自分の都合、名誉のために人につけこんで愚痴っている

甘えている

のではないか

ということです。

 

そう思うのは

仕事・家事に支障がないから。

 

自分の疲れの原因を他人のせいにしないでよって思います。

 

が、

自分も人に疲れることよくあるので、

人を疲れさせているのでしょうね。

 

気持ちは伝えないとわからないものね。

気持ちにいいも悪いもない。

 

自分も伝えよう、悪いかな?って思わずに。

悪い自分を知るのもそこからの成長の一歩じゃない?

 

でも、

他の人の気持ちに疲れさせられても何もいいことないので

不満を受け止めるのではなく

自分にできることをやっていくのみですね。

 

人生は

あれもこれもじゃなくて

あれかこれか

 

あれもこれもとは相容れないです。

 

あれもこれもという場合に

一つ応じると

それに伴って出てくる歪みや綻びに

またダメ出しされる

ループになるのです。

 

あと自分と人とは違うということ。

 

自分ができるから人もできる

 

人ができるから自分ができる

 

わけじゃない。

 

違う人がいるから、協力し合って豊かになれる。

 

といっても同じだと安心ですよね。

 

異物とみなすとたたいてしまう。

 

叩き合いながら、前に進んでいるようで

いつまでも変わらない

そんなものですよね。

 

それでも、

これならいっかっていうある意味妥協点は

見つかるかもしれない。

 

だから、進んでいく。

 

頭ではわかっている。

 

そうできない、そうならないもの。

 

だから、やってみるしかない。

 

人にやらせる前に自分よね、

 

子どもだって言われていることと大人がやっていることとの違いがあると

従えなくなる。

 

人に自分のこと求めるとうまくいかないのだろうな。

 

人それぞれその人の分、役割があるのだから。

 

コピーロボットにはしないでおくれよ。

 

自分にも言い聞かせよう。

 

ということで、コピーロボットにはなれないので、

相手の要求を100%受け入れるなんて

非現実的なことはできませんが

 

できるだけできるようにはやってみるよ。

 

理想と現実は違うって言ったって期待しちゃうじゃない。

 

無理しない程度にやってみたらいいよね。

 

また同じことでケンカするだろうけど。

 

ぶつかり合っているから、

相手も

あーこいつダメだな

くらいは変化していると思います。

 

まあ、ダメでもいいよね。

いいところもあればダメなところもある。

みんな。

 

いいところを見つけられるかどうか

いいところがあると思うかどうか

 

いいところ色メガネを上手に使えたらいいな

 

一方的なダメ出しに沈み込まないで

いい自分でいよう

相手のいいところを見よう

 

時には近くで

時には遠くから

 

ピントを合わせよう