HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

今、お金を何に使いたいですか?

竜之介さんのブログ記事を読んでお金を何に使っているか考えました。

 

好きなことの 見つけ方 4つ - 私に似たあなたへ

 

お金があればあるだけ使う夫さんと結婚してから

お金がなくなることがこわくて

お金を好きなことに使うってことがなかったです。

 

が、思い返すと友人と外食する時は支出気にせず過ごしていましたね!

 

こういう時ぐらい!お金使って楽しもう!って。

どうせ使われてしまうのだから使ってしまおう!って。

 

コロナ禍で自粛になってしまって

それがなくなって

失業もして

でも巣ごもり生活で備蓄にはお金使っていました。

最後の晩餐になっても後悔したくないなって。

 

就活中は就活ファッションに最低限お金を使って

 

新しい仕事が始まったら、職場で見栄張って

洋服にお金をかけるようになりました。

 

クレジットカードの請求がどんどん増えて

 

そうしたら在宅勤務にシフトして

洋服の支出が減りました。

 

すると、コロナ禍での健康・先行き不安のせいか

食材にお金をかけるようになりました。

 

そして、今は、オンラインイベントが集中して、

カメラ映りを意識して、

洋服と美容代にお金を使っています。

 

このお金を何を使うか?で

好きなこと・やりたいことを見つけてみようって

ことですが、

私の場合は、

ネガティブなので、

不安やマイナスを払拭したい

みたいな感じだなーと思いました。

 

今、自粛中、洋服と美容代にお金をかけたり、

かけなかったりしていく中で、

思ったのは、

誰かに見られなくても、

綺麗でいる価値があるという気持ちが生まれて、

生活が潤ったような感じになった

ということですね。

コーディネイト面倒だったり、敏感肌でオシャレより優しさ重視だったりして

洋服・美容を人に見られることないから気にしなくてよかった自粛生活は

心身共にリラックスできたのですが、何か物足りなく、

人に会いたくないという気持ちの加速もありました。

お金の心配がなければ、(完璧主義の)プレッシャーがなければ、

心身に負担がなければ、

オシャレしたい⭐︎

んだろうと思います❣️

 

結婚当初は洋服や靴を買うと夫さんのチェックが入っていて

嫌になってしまったんですよね。

合わなくて着なかったり履かなかったりすると

"あなたには無駄だ"

と言われて辛くなってしまい、

言われるのが嫌で洋服や靴を買えなくなってしまいましたね。

夫さんが貯金できない人なので

自分が余分がなくてもどうにか貯金できないだろうか?

と好きなこと、やりたいことどころじゃなかったですね。

独身時代の服も収納場所が限られていたので

減らしていたけれど、その限られた服を同じ服ばかり着ていました。

夫さんの服がクローゼットに増えていくのが

辛かったですね、

自分の努力、痩せ我慢って虚しいって悲しくなりました。

なんとか家計を支えないとと

遅い時間まで働いて疲れて帰ってくると

夫さんは不満で不機嫌で。

仕事を減らしてきました。

 

最近はいろいろあって、

お金のことは夫さんに言わないようにして

私は自分に必要なお金は自分で稼ごうというスタンスでいて

 

私が疲れている時に夫さんが不機嫌?

そんなの構っている場合じゃないわよー

休まないとー

余裕ができたら働かないとー

ってやっていて

 

洋服は戦闘服として今の私には必要で大切だなと

邪魔されないぞってなってきました。

 

資力の範囲内で負担にならない程度におしゃれを楽しんで

仕事や社会生活が円滑にできたらいいなと

思います。

 

自粛中はmogさんの衣替えが楽しかったし、

塗り絵も楽しかったので、

金欠時には絵の中で楽しむのもいいですね❣️

 

落ち着いたら友達と美味しいもの食べておしゃべりもしたい♪

 

好きっていいですね💖