HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

リフォーム騒音が収まった日

ご隣さんの大型リフォーム工事の騒音が続いていました。

 

集中できなかったり

 

疲れてしまったりして

 

出不精ですが、外に出るようにしたりして

疲れて

 

緊急事態宣言中、

ご隣さんに足を震わせながら騒音のことを言いにいったり…

 

自爆するかと思うくらい数日間、自分を責めました。

 

聴覚過敏であることで、

聴覚過敏のない人(家族)から気にしすぎと受け止められているからかな

と思います。

そうではない人もいるから我慢するしかないとか

自分で避けるしかないとか

調整可能とか

そういうふうに思われているんじゃないかな

と日々感じています。

 

実際、ご隣の年配の方には、

赤ちゃんがいるの?

って言われましたし、

しょうがない

って言われました。

 

しょうがないのはわかっていて

外出したり

在宅勤務で何日も何時間も耐えたり

してきたけれど、

騒音がさらにひどくなって

頭痛もするし、

で、

…どうにか配慮してもらえないか言いにいってしまった次第でした。

 

まあ、外的刺激に慣れていない、どう適応したらいいかわからない

赤ちゃんのようなものなんだな…

っとも思ったり…

複雑…

 

でも、言いにいったことで、

騒音がいつまで続くのかわかったので、

仕事の休みをお願いして、

家にいないようにと

事前に対応することができました😌

 

できるだけリラックスするように過ごして

ご隣さんや騒音と物理的に離れることで

自分を責めることを軽減できました。

 

実際は工事はその後も続いたのですが、

騒音のピークではない部分は健常者の許容範囲なんだろうなと捉え、

できるだけ外出したり、在宅勤務中はひたすら我慢しました。

 

そんな日々が続いて、寒暖差の疲れもあるのか、

起きれないな〜

と寝ていたある日、

あれ?

騒音ない?

と静かになったことに気がついたのでした。

 

騒音中は早く起きて出かけないと〜

って思っていたので

寝てたらだめだよ〜

って思いながらも

うー、起きれない、

無理…

ってなっていたら、

あれ?

騒音ないかもって。

 

静かになって、

(聴覚過敏の敵?がいなくなって)

休めるよ〜って

抑えていた分の疲れもどばーって出て

起きれなかったのかもしれないな

と思いました。

 

身体は正直ですね。

 

前日にはブログの予約すらできないくらい疲れていましたしね。

 

記事をまとめるのとか仕事や周りの人への対応とか

冷静になれないというか

いっぱいいっぱいになりますね。

 

やる気だけはあって詰め込みますが。

 

周りからはやる気ないって映っているのが損だな〜って思います。

パワーがないからですね。

ナマケモノさんも🦥そうなのかもしれないですね。

でも、自分で食べて生きてってます。

同じかも😆

ナマケモノさんの魅力って何だろう?

癒し系?

 

ということで、騒音中は日曜日の工事のない日も

休んでいても(仮)みたいな感じでしたが、

工事のない平日、

しっかり休まる感覚を得た朝でした。

 

もう昼だわ💦

 

この件はこの件で済んだこととして

ご隣さんといい距離感でいられたら

と願っています。