HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

去年まで着ていたピタTを着る勇気

去年まで着ていたピタピタTシャツ。

 

着ようと出してきましたが…

 

コロナ太りで着るとお腹が出ているのが丸わかりです。

 

人の目が気になる引きこもりのmogさん

 

出っぱったお腹をさらしては人前に出られません。

 

ということで仕舞いました。

 

でも出かけたのでいい方です。

 

大体、この流れだと出かける気もなくなるパターンなので。

 

気を取り直してゆったり体型カバーTシャツでジョギングへ出かけました。

 

最近は本格的スポーティな格好だったり

アウトドアっぽい格好が街に増えてきたので

実はジャージで外に出るのも勇気のいるmogさんでしたが

日中でもジョギング姿で外に出られるようになりました。

 

外出自粛で知り合いに外でばったり会う機会が減ったからというのもあります。

 

走っている姿…恥ずかしくて見せられないです。

 

ジョギング始めた頃は闇に紛れてでした。

 

今回はいつぶりでしょうか?

 

春一番(もう初夏?)、30分×2のジョグを無事終えました。

 

新緑が気持ちよく、足は痛かったけれど、

久しぶりとは思えないくらい大丈夫でした🙆‍♀️

 

スタイルをよくするには見られる意識も関わっていると思うので

シェイプアップにはピタTで出っぱったお腹を意識した方が効果あるのではないかと

思いましたし、

ありのままの自分を人前に出せる人は自信を感じさせ美しいです。

 

私はだから美しくないのだなあと思いましたが

 

外に出られただけでも勇気ある一歩だったので

 

今回はそれを褒めたいと思います。

 

美しい、美しくない以前に、外交的ではなくても、

外に出られるようになりたいです。

 

この外になかなか出られないのは、

外だけの問題ではなくて、内での問題も要因となっているので、

mogさんにとって外に出られるってすごいことです。

 

痩せて見えるコーディネイトを心がけているし

きれいに見えない時は外に出れないし

人にも会えないので

周りの人が知らない、周りの人がわからない、

ピタTを着れないmogさんが家に引きこもっています。

 

ちなみにコロナ太り以前に体型的にスキニーパンツは履けません。

血が止まります。

最近はパンツスタイルも避けるようになってきました、

足の長さ・太さ見えるからですね。

 

何にせよ、引きこもりながらも、出かけられたらよしです。

 

疲れているからかなあ、休みが必要なんだなあと思っていましたが、

人見知りのようなものがありそうで、

無理していた(させられていた)のかなと思います。

 

できることもできなくなったら嫌なので

無理せず自分の声を聞きながら、

できることからできるようにしていきたいです。

 

無意識だと息ちゃんとできていないので

そういうのも一歩一歩ずつですね。

 

今持っているピタTが最後のピタTになるかもしれないですが、

わりとピタッとしたスタイルで今まできたので、

実は少しゆったり目を着る心地よさをお洋服レンタル生活で掴みつつあり、

それはそれでいいものです。

 

その時その時、今の自分を幸せに。