HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

決別宣言から2ヶ月 やっぱり無理

決別宣言してから、

 

夫婦別々期

夫サポート期

役割分担期

やっぱり無理?

 

ということで、決別の方向性はあいかわらず。

 

私には限界で余裕なく無理

とまたまた噴火🌋

もう発作の具合なんじゃないか?

 

その時、2人の話し合い、やっぱり無理なんだなー

自分防衛戦になってしまうんだなー

態度・口調が何を言っても攻撃になってしまうんだなー

 

ってなって

 

かと言って1〜10まで第三者につきあってもらうわけにもいかないよなー

 

DVで怪我したりアザができたり

したら

お願いできるかもしれないけど

 

その時には結論は出ているだろうし

 

ってなんだかんだ逃げているのかもしれない。

 

し、

 

お互いに期待しているのかもしれない。

 

持病や感覚過敏で心身共に余裕がないんだなあ。

 

夫にだけでなく。

 

自分に対してもどの人に対しても。

 

ホルモンや自律神経も関係しているかも。

 

内科医にはリラックスして過ごしてくださいねー

 

って言われていて

 

身体も痛くて毎週、通院している。

 

気分転換とかリラックス、どれくらい必要なの?!

 

っていうくらい、不得手なんだなあ。。。

 

そして、解決は夫に求められないんだなあ。。。

 

と思ったものの、

 

噴火を一時鎮静していく中で夫さんの考え方や感覚が少し変わったかもしれないことに気づく

 

厳しくしないと私のためにならないと要求的だった夫さんは

要求しないことにしたとのこと

 

そうしてくれている

 

んだけど

 

これまでの印象が刻み込まれていて

端々に出てくる本音・要求に

やっぱり無理なんだ

ってなってしまっていました。

 

これまで40年、人生の半分で積もってきたものが

お互いにあるから、そう簡単には変わらないですよね。

 

女の人の言うことは男の人はなかなか聞けないですしね。

(私は男の人の言うこともなかなか聞けませんが💦)

 

私も訴え続けてきたけれど

どうやら職場で教わってきているよう。

 

ダイバーシティ(多様性)とかモラハラとか?

 

あと、ここ半年くらい、太陽アレルギーなのかな?

私は元々皮膚が弱いのですが、顔が明らかにボロボロになってきたり

頻繁に通院して医師から言われたことを伝えるようになってから、

私の体調のこと少しは考えてくれるようになった気がします。

 

でも、私にとってはできれば身をもって訴えたくない😭

見えない不調だって私の説明で不調だってわかってほしい。

無理しているから表面化したんだってわかってほしい。

というのが難しいですね。

余計に疲れてしまっても明らかに見えないと

見えないものはわかりにくいですよね。

 

あとはもうわかってほしいという願いを別のところでケアする

 

というのが決別と繋がっています。

 

ブログだったり、自立だったり。

 

いろいろしてみて調整して

お互いなりにしていくしかないですね。

 

それぞれ自分が選んだ道で交差してきましたからね。