HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

味見しないレシピ

味見しないでいつも怒られているmogさんです。

 

味見しないのは怒られるのだけど

 

味見しなくても食べられないことはないのでー

 

ほぼ味見しません。

 

味見で疲れて、食事の楽しみが減るんですよね。

 

味見しながら味がわからなくなってくるし。

 

そんなmogさんの数少ないレパートリーの1つが

茹で鷄

 

タレでアレンジできますしね。

 

この茹で鷄、冷凍して解凍しても美味しいのに

驚きです。

 

よくこれは冷凍できますというのがありますが

冷凍すると(時間が経つと)変化してしまいます。

 

茹で鷄は冷凍して解凍しても違和感なく美味しかったんですよね。

 

疑って長らく冷凍していなかったのですが、やむなく冷凍したら…

え、これ、美味しい😋って気付きました。

 

作れるときに作ってストックできるのは便利です。

 

レシピ見ながら、レシピどおりもなかなかしないし、

毎回、同じ分量でもないですが、

たまにしょっぱいくらいです(^◇^;)

 

5ccのスプーン(ない時は適当なスプーンで目分量)で

塩は半分、

砂糖は1杯、

お酒をふりかけるくらい少々、

鶏胸肉を水に浸せるくらいの袋かどんぶりとかボウルに

フォークで穴をたくさんあけた鶏胸肉と塩と砂糖とお酒を入れて

お水を鶏胸肉が浸るくらいに入れます。

鶏胸肉2枚分する時は塩と砂糖、気持ち増やしますが、

2倍にはしていません。

袋は空気を抜いて口を縛ります。

ボウルは鶏肉が空気に触れないようラップで水が溢れない程度に覆います。

1〜2時間冷蔵庫で浸しておきます。

 

夜に浸して次の日の夜までに調理することが多いですが…

※そんなに放置していいのかはわかりませんので

自己責任でお願いします🙇‍♀️

 

水に浸した鶏肉は水とともに鍋に移し、

鶏肉が浸るくらいに水を加えて火にかけます。

火力はこだわっていません。

沸騰したら火を止めて、蓋をして30分待ちます。

できあがりです♪

待ち時間は気温や好みの火の通り具合などで変わってきます。

焼き鳥のように竹串で刺すとかはしていないのですが、

火の通りが不十分な時は電子レンジで再加熱しています。

できあがった鶏肉はラップで包んで冷蔵庫で保存しています。

すぐに食べない場合は冷凍庫でも保存できます。

 

食べやすいように気持ち薄めにカットして、

胡麻ドレッシングをかけたり、

ネギとポン酢をかけたり、

ヤンニンジャンベースのタレをかけたり、

ナンプラーをかけたり、

麺類のトッピングにしたりして

食べています♪