HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

【幸せのカケラ】FOR♡MEクッキング

かなり久しぶりに自分だけのために料理をしました〜👏

 

忙しくて余力ないし、

自分が食べるだけの時くらい休ませてあげたいと

ほとんど料理しないのですが、

食材が余っていたので。

 

こういう時、

余分に作ったり、たくさん作って家族で食べる

となっていて、その方が、家事効率はいい

のですが、

 

たぶん、現実逃避。

 

蒸し暑くてやるべきことする気になれなくて

 

気が向いたので作ってみたら…

 

なんだかほわほわとした気持ちが出てきました。

 

きっちり一人分作って、食べたひと口目の

幸せ感

びっくり❗️

 

普段は美味しさも考えるけれど、

家族の満足感を考えて量を多めにしたり、

品数増やしたりと

美味しさはついで感もあるし

いろいろ考えているからか作った後の疲労感が半端なく。

 

食材ロスをなくすのは使命感にも似たようなこだわりがあって

好きで、気分がすっきりします。

 

準備の手間やら後片付けやらはあるのですが、

そういう一つ一つのことが自分のためで

他の人がそれをどう思うかも関係なく。

 

急かされず時間があり、他のことは何も考えていなかったのもあり。

 

そうして妄想したのは…

 

私って

自分のためにしてもらった記憶が薄いのでは?

ということ。

 

ネグレクト傾向もある気がしていたし。

 

年子のきょうだいで育って、放って置かれた記憶が大きいのです。

 

育ててはもらったのですが、

他のきょうだいとセットで

って感じで、他の子たちとは別に預けられたり

留守番させられていました。

 

可愛がられてはいたけど、マスコットな感じで、

大人の都合の良い時で。

 

ひとりで何をしていたのかは記憶になく。

 

絵本はそばにいてくれたかなあとぼんやり。

 

だからかな

しばらく家族のためにすることが多かったけれど

自分一人のために一人分の料理を作って

特別なものは何もなかったのに

ひと口が美味しすぎる感覚になったのは。

 

外食ランチのご褒美感よりも美味しくて

びっくりしてしまいました。

 

涙は…

出なかった♡

幸せな感じで。

 

感情が揺さぶられやすくて、感情が動くときは

発作のように泣いてしまうことが多いから

珍しい、

心が落ちていかないのが嬉しい♡

 

食べたのは

おふくろの味でも

我が家の味でもなく

ひとり暮らしの時に作っていた自分の味。

家族にも作ったことがあるのですが、

味変されて💦

作らなくなりました。

 

納豆パスタ

余った卵白と卵追加で

スフレオムレツ

 

これも味見なしです。

 

味足りなかったら、

粗挽きこしょうと塩で調整。

家族は納豆のタレとからしも入れていました。(味変)

お好みで❣️

 

納豆パスタ

パスタを塩茹でします。

納豆と卵黄とかつお節とチーズ粗びき黒こしょうを混ぜて

塩茹でパスタとあえて

完成です♪

 

スフレオムレツ

残った卵白と全卵でスフレオムレツを作りました。

全卵は卵白と卵黄に分けて、

卵白を泡立て器でもったりするくらい泡立たら、

塩ひとつまみと卵黄を加えて軽く混ぜます。

フライパンで焼きます。

 

おりたたもうと思ったら

フライパンにいっぱいになってしまったので、

そのまま、ひっくり返すことに。

 

めずらしくケチャップで描いてみました。

 

f:id:mogmogmogla:20210610002854j:image

 

意外と難しくて、ケチャップアートしてるお家ってすごいなあと思いました。

 

描いていてまたじわじわ心が溶けていきました。

 

忙しくてなかなかできないのでたまには自分のために料理する時間で

癒されてよかったです。