HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

【ドラマ】大切なことはすべて君が教えてくれた

大切なことはすべて君が教えてくれた

観ました。

 

教師と生徒の恋?うーん?と思っていたら?

 

逃げているようでまっすぐで

高校生の行動には驚きますが

いろいろ考えさせられるけど

最終的にそういう経験がよかった?ドラマでした。

 

人と人が出会うと変わっていきますね。

 

結婚前に観ていたら…結婚していなかったかもしれません。

 

いい人でありたいし

いい人であってほしいけど

いい人って難しい。

 

ここからはちょっと内容にも触れた感想なので

観たい方はここで閉じて、本編をご覧くださいね。

 

 

 

最後の方のセリフからは

 

愛は苦く、苦しみを分つようなもの、

その人のそばにいる自分が好きかどうか

 

結婚とは?

ラブラブハッピーとはいかない?

愛が中心?

愛は冷えるから愛は添えるくらいがいい?

 

結婚する決意、意味、信頼

考えますけど、なかなか考え抜けないし、

そこまで試して疲れてしまったら結婚まで行きつかないこともあるのでは?

 

それぞれ、いいところも悪いところも、

傷つけあっても、

それでも、

ってことでしょうか。

 

生きていくということを生徒に示した先生役の三浦春馬さん。

 

10年くらい前のドラマ、若くしてしっかりしすぎた先生役でした。

 

社会的にどうか?家族的にどうか?周りから見てどうか?

それとも

自分がどうか?

 

大切なことって?

 

私としては

自分を生きていく

ってことなのかなと教えられたドラマでした。