HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

決別宣言から4ヶ月① 尊敬のない関係

人格否定の言葉に傷ついても

コロナ禍だし家は出ませんでした。

 

何度伝えても返ってくるのは

"そんなつもりはない"

 

わかるのです。

そんなつもりはないのは。

彼はふだん私をぞんざいに扱っているのに

彼に個人的にLINEを送ったり親しくしている女友達には

優しく親切にしているのを見るのが辛い

という気持ちも重なっています。

妻の立場だから見下げてもよいという態度、

それは家族ならではの親しみなの?

みんなの前で疎外感を味わわせるのは何故なの?

あなたとあなたの女友達といると辛い。

その女友達は私が不在と知って彼を誘い、

それを知った私が駆けつけるといなくなり

彼とは個人的に連絡取り合うのに

グループLINEをスルーするのはなんで?

被害妄想なのかな。

 

でも、もうズタボロでした。

たくさん家を出るデメリットを考えたけど

泣いて泣いて泣いて

また泣くの?

思い通りにいかないと

話し合うと

自分のせいにされて

 

いっしょにがんばろう

 

と言われて

また傷ついて泣いて

 

仕事中も涙が出そうになっていた、結婚してからずっと。

 

いつも一生懸命、その時その時必死すぎて

そんなの自覚していなかった。

 

振り返ったら、そう、

こんなんで仕事続けられるかな?って

日々だった。

 

こんなんで生きていけるかな?って。

 

心療内科に行ったら適応障害と言われたこともあったことを思い出した。

 

診察後、カウンセリングしますか?

くらいで

なんだかお医者さんの言い方が軽く聞こえてしまって

治療の説明もなく、真剣に聞いてもらえていない印象をもってしまって、

通わないことにした。

普段から薬も飲みたくないので、通ったところで薬を飲まなかっただろうし、

お医者さんの提供する治療は受け入れなかっただろうと思う。

初めてだったので心療内科の診療がどういうものか

自分が何を求めていいのか

わからなかった。

 

適応障害で通院すると保険の審査にも影響すると後から知り、

その後は根本的解決にならない上、保険に入りにくくなるなら、

精神科に行くのはなるべく避けたいと思った。

 

今の体調はよくなっているかと言うとそんなことはない。

 

適応障害と聞いたところで彼は気にしていない。

 

仕事のシフトにも影響が出ているが、

彼は自分がその一因だとは思っていない。

 

きっと働けなくなって、廃人になるまで

いや、そうなっても、彼には関係ないのではなかろうか?

と思うほど。

 

だから、私はここで廃人になるわけにはいかず、

そうなると彼とは決別していくしか自分の生きる道はないのではないかと

考えるようになったのだ。

 

でも、わたしたちを取り巻く第三者に不必要な誤解を与えることなく、

そうするのは目に見えない問題だからかなりの至難の業。

やっぱり病院に行かなければならないのかと思ってはいたものの

コロナ禍でとにかくコロナ対策しないことには

とうやむやになっていた。

 

いっしょにがんばろうという言葉が繰り返されて

トラウマになってきている。

 

もうその言葉だけではがんばれないほどに

力がなくなってしまった。

 

もうがんばれない

 

私に

 

いっしょにがんばろう

 

が積み重なり、追い詰め、

 

このままでは自分がおかしくなると思って

歩けば、外に出れば、時間が経てば、

気が紛れるだろうと思った。

 

f:id:mogmogmogla:20210426083124j:image

 

外の世界は優しくて自由だった。

でも、彼と彼の女友達を思い出すと自分が嫌になった。

でも、今はコロナ禍。

家にしか帰れない、と家に帰った。

自分の被害妄想かもしれない、考えすぎも困ったものだと言い聞かせて。