HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

【映画】ツレがうつになりまして。

【映画】ツレがうつになりまして。

観ました。

 

ツルじゃないですよ。

 

うつではなくても生きていく上で

自分と向き合うために大切なことでもあったかなと思います。

 

この記事はネタを思い留めメモな記事で

3つの言葉について書いています。

 

ストーリーのネタバレまでのレベルではないと思いますが、

映画をこれから観るという方はパスしてくださいね。

 

 

f:id:mogmogmogla:20210708000111j:image

 

 

①がんばらないぞ

苦しんでいる人もそばにいる人にも大切な言葉なんだなあと。

それは、病気ではなく問題を抱えてがんばろうとしている人にも必要な言葉。

 

②生きていることを誇りに

ウツも病気も問題も生きているから。

その生きていることは

いいことだけではなく悪いと思えることも含めて

そうなんだと受け入れられないと

生き方に歪みが生じるんだなと。

 

③あとで

あせらない

特別視しない

できることとできないことを知ろう

 

特別な自分ではなくても生きているだけで

そのままの自分でいていい

そのまま、自分が生きていること

自分を取り巻くものに感謝して

できることはやるし、できないことはやらない

 

ウツがどうとかというよりも

その時その時の自分

生きている自分を

悪いと思えることも受け止めるところが

生きるベースになるのだなと思ったのでした。

そして、どんな時も支え合うことについても

考えさせられました。