HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

東京五輪2020 体操女子個人総合決勝5位 村上茉愛選手

体操女子団体からチームを引っ張ってきた村上茉愛選手。

段違い平行棒では棒を掴めなかったりして

右腕が痛そうな様子で

個人総合決勝に進みました。

最後の種目は

段違い平行棒

棒が掴めるだろうか?

心配して見守りましたが、

最後はしっかりとやりきりました。

2種目終えた時点で8位から

5位まで追い上げました。

 

練習の時にはなかったミス、

痛みを乗り越え、

最後を終えた姿に

素晴らしい✨✨と感動しました。

一つ一つ集中、気持ちの切り替え、

メンタルは大きいですね。

アメリカのエースは団体戦から棄権。

 

【東京五輪】 米女子体操バイルス、「心の健康」理由に個人総合も欠場 - BBCニュース

「あの演技の後、もう続けたくなかった」

「私たちは自分の心と体を守らなくてはならない。ただ世界に求められることを、そのままやればいいというわけではない」
「私はもう以前のように自分自身を信じられない。年をとったせいかもしれない。

結局のところ私たちは人間で、時には後ろに下がることも必要だ」
「演技を続けて、何かばかな真似をして、けがをしたくなかった。

とコメントがありました。

 

1試合目から本調子ではなく、痛がる様子でもなく、

でも元気がなさそうでした。

(※一個人の印象です。通常でしたら、ごめんなさい🙇‍♀️)

 

多くの人の注目を集め、緊張やプレッシャーは当たり前な世界、

それに相対する闘いでもあり、

人間だから負けることも当然。

 

私はメンタル弱弱なので、人として棄権する勇気も素晴らしいと思うし、

その時の自分をコントロールして力を発揮できたらそれは喜ばしいと思います。

 

どちらにしてもこれまでの自分とその時の自分、これからの自分を

信じて、心を大切にして、

悔いのないその人の生き方ができたらいいなと思ったのでした。