HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

東京2021パラリンピック 水泳

パラリンピック、オリンピックと比べて、テレビでの見方もよくわからず…

 

ハンデもそれぞれ違うし、補助もそれぞれ違う

 

その上での競走

 

私自身はスポーツに興味が薄いのもあるし、

複雑な思いがあって

 

見たい!

 

という熱量が低いのだけど

 

テレビをつけたら

 

オリンピック出場レベルの選手がちょうど映っていて、

 

そこから眺めてみました。

 

誰か早いかはやっぱり興味が湧かないのだけど

 

競走を一生懸命している姿、

 

どんなハンデをどう超えているのか、

 

全部を理解することはできないけれど、

 

単純に

 

すごい!

 

と思います。

 

私の目に入ってきたのは、

競技がどうなったのかつかめなかったのですが、

片腕だけが健常と見える選手の水泳。

 

左右差ある中、どうやってバランスとって泳いでいくのだろう?と

見ていました。

 

目に障害のある選手が斜めに泳いでいくのも見ました。

 

なんとか必死で沈みそうになりながら泳ぐ私が

感想を言うのもどうかと思いますが…

選手たちの泳ぎ、綺麗でした。

 

自分のハンデばかり見ていないで、

できることにフォーカスしてきたこともあるのかなと勝手に想像して、

そうしたいなと思ったのでした。