HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

おかえりモネ(85)「わたしたちにできること」

久しぶりに目にしたNHKドラマ、

飛び込んできたのは女子トーク

 

最近はドラマ、自粛リアルとのギャップがあるので、

だいぶ前のドラマを観ています。

 

だから、おかえりモネがどんな話かは知らず、

時々、ちらっと見えていた爽やかな彼の顔が

眩しすぎて、こちらも現実とのギャップに

目を逸らしていたのでした。

 

おかえりモネ(85)「わたしたちにできること」

 

テレビがから流れてきて

耳にしたフレーズ。

 

"傷ついた人は強い"

 

"傷つく必要はない

いるだけで

生きているだけで

十分すごい

そこにいない人もいる"

 

"何もないならいろいろな人のことを考える

強みは考えること"

 

全部ひっくるめて自分のことを説明しているのかとハッとしました。

 

考える、って見えないので、すぐにはわかりにくく、

考えない人には無意味なものなのかなと、

 

"そこにいない人"のような自分が何をしたって意味がないと

 

敏感で弱くてちっぽけな自分は低評価しがちなのですが…

 

何か劇的な体験をしなくても

小さなことを深く感じる、思う、考える

 

それを強みとできたらいいいなと思うし

 

見えないところで

それを必要としている人がいるのかもしれない。

 

深呼吸して😮‍💨、

お水を飲んで、

何もないようで何かがある、

地に足をつけて目を動かす、

耳を澄ませる、

何もないようで何かが動いて、

世界が動いていく。