HSPこじらせモグズライフ

20歳頃アーロン博士の本と出会い、HSPを自覚して心が軽くなったものの、非HSPになりたがりでこじらせてしまっているアラフォーの雑記ブログ。

新型コロナウイルスワクチン接種1回目後に耳にした話

※この記事は約3,000文字です。

※あくまで一個人の考えですので、

ワクチン接種に関しては

ご自身で情報をご確認の上、選択・決定してください。

 

我家は新型コロナウイルスワクチンは国産の認可を待っていたのだけど

 

この夏、毎月、職場ビルでの陽性者が続き

 

濃厚接触者ゾーンに入ってきたのもあり

 

新株の感染力・毒性強化、

 

ウイルス対策への価値観も多様化しつつあり

 

出社要請も出ていたこともあり

 

そもそも家族はエッセンシャルワーカー、

 

人口密度の高い23区在住、

 

職場の周りの人はワクチン接種済みな人が増え、

 

職場では部活動や飲み会もあり、

 

職場感染の当選確率は増すばかり…

 

なんとか、半年、職場を避けてきたけど、

(部活動・飲み会はスルー)

 

なんで呼ばれるのか…

 

出社したい人、している人で、出社業務を分担…

してきたのに

 

これからは

基本出社の舵取り、在宅勤務する時は

在宅勤務申請を出すことになったようです。

 

こうならないように

新型コロナの状況でリモートワークできる仕事に

転職した(面接で確認した)のに

まさかの感染拡大で

出社圧があるとは…。

 

職場行くなら覚悟しないとな…

 

新型コロナ関連医療は逼迫していて、

万が一の時は身一つで新型コロナウイルスと闘わなければならない。

 

今さら、受けようと思っても、予約殺到だし、

受けられたら受けよう

となりました。

 

このタイミングで、半分以上の人はワクチン接種済みで、

タイミングが合い、ワクチンをすぐに接種することにしました。

*ワクチン接種優先したので予約取れましたが、

仕事があったり、日程限られていて難しい方も多いのではないかと

思いました。

 

元々、迷いがあったので、このタイミングではなかったら、

接種しなかったかもしれません。

 

そして、接種後の腕の痛みがなくなってきた頃、

ワクチン接種しない人の話が耳に入ってきたのです。

 

RNA関連で将来の影響を懸念していたものの、

(現段階で影響は不明、将来が来ないとわからない)

その話は別の話で、私が知らない話でした。

 

もう1回目を接種済みなので、

2回目はよほどのことがない限り避けられないと

自分の中で揺らがないようにしています。

 

ニュースで騒がれている

異物混入のリスクを過度に怖がらないようにしようと考えて、

2回のワクチン接種をなんとか乗り越えようと

1回目を受けたのですから。

 

でも、事実を知らずに打って後悔はしたくない。

 

その人の話は

ワクチンを打つと自己免疫がなくなり

一生ワクチンを打ち続けなければならなくなる

ので打たない

というものでした。

 

そうなの?そんなもの全世界で打つの?

要人も打っているけど?

 

新型コロナの政府や自治体のホームページ、

専門家、医者のホームページには

載っていない?

 

検索しても見つからない。

 

デマ?

 

うーん

 

何を信じたらよいのやら。

 

エビデンスはどこなんだろう?

 

私が理解しているのは、

新型コロナワクチン(ファイザー製・モデルナ製)は

1回では十分ではなく、2回摂取し抗体を作るということ、

その効果は短期であること。

年に一度打つインフルエンザワクチンをイメージしていたので、

効果は長続きするとは思っていなくて、

3回目以降があっても、

また、その時、打つか打たないか選べばいいという認識でした。

打ち続けなければいけないとは???

 

新しいことに関して、一生の間に何があるのか

ないのか

確たる証明を待つとしたら、

自分が寿命を全うした後になりそうなので、

どこかで生きていくためにどこまでリスクをとるのかを

選択しないといけないこともあるなと

今回、保守的な自分が挑んだ答え。

 

覚悟しているからこそ、明かされている事実については知っておきたい。

 

これからそれを背負うのだから。

 

知らなかった自分を後悔したくない。

 

そんなこんなでエビデンスはないのでは?

デマかも?

と思いながら、

新型コロナウイルスワクチンについて調べるも

出てくるのは

やはり、3回目以降の接種が必要になるという

もうすでにどこでも報道されている情報。

コメントも1〜2ページ分は読みます。

そうしたら、ワクチン受けない人のコメントの中に気になるワードが。

"阪大"

阪大がどうしたの?

聞いたことないなあ、と

阪大の新型コロナウイルスワクチンについて

阪大のホームページから調べてみて

見つけました!

このことを言っているのでは?

新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID-19の重症化に関与する可能性― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

 

興味深い研究結果でした。

知れてよかったです。

 

それぞれ結論は違ってくると思いました。

事実と考察の考察の部分は推察でもあるかなと。

個人的にはこの研究を踏まえて、

ワクチンを打ち続けなければならない

との結論には至りませんでした。

そもそも、感染していなくても

かかりやすい要素を元々持っている場合もあるし、

ウイルスやワクチンにより

かかりやすい要素を持つ場合もある

ということなのかと。

感染を避けることが大切

だけど100%は困難

免疫を高めることが大切

だけど人それぞれ生まれ持ったもので限界も人それぞれ

出会ってみないとわからない化学反応。

統計的に科学的な解明があっても

それが自分に関する真理とは限らない。

 

今のところ、どんなに研究しても

(自主)隔離

に勝る感染対策は

昔っから変わらないんだな

と思ったのでした。

 

私個人としては

23区在住・在勤(人口密度高・人流多)、

自他ともに概ねマスク・フィジカルディスタンスがとれない場合もある状況、

この研究結果を知らなくても知っていても

ワクチンは今のところ打つことを考える状況には

変わりなかったです。

 

ステロイド治療などで効果が落ちている場合もあるようなので

パンデミックが収まるまでは感染状況を見て、

治療のタイミングも気をつけたいです。

 

ということで、

今までわかっていることと

わかっていないこと

を踏まえた上で、自分が納得して決める、

言われていることですね。

 

自己免疫には根拠のない自信があり、

ワクチンによって自己免疫への悪影響があるとしたら、

残念ではありますが、

それは新型コロナ自体に感染することによっても

起こり得ること。

ワクチン打ってもあくまでwithコロナであり、

NO!コロナ✋

落ち着くまで

パンデミック下での自粛は続くことには変わりないです。

 

阪大の研究結果を踏まえて、

自己免疫へのデメリットをなくしたワクチンや薬が開発されるかもしれませんし、

(よくわからないのですが、

ワクチンや薬は、

そもそも自己免疫を補ったり、

自己免疫ではないものでたたかうことなのでは??)

新たな変異株のスピード次第では医療開発は

追いつかないのかもしれませんし、

その時その時わかり次第

対応するしかできません。

 

ワクチンを接種した人が変異ウイルスに感染すると重症化しやすい(抗体依存性感染増強(ADE)になりやすい)のは本当ですか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

 

新型コロナの新規感染者の波が収まってきてもいますが、

落ち着くまではこれまで同様、気をつけつつ過ごします。